社協の施設 社会就労センター 勝富授産場

社会就労センター 勝富授産場の概要

目的

  要保護者・低所得者・障がい者などで、世帯の事業または身体上もしくは精神上の理由により、一般企業への就職が困難な人を対象に、就労または技能習得のために必要な機会と便宜を提供し、自立の助長と生活の安定を図ることを目的としています。

種別 社会福祉法による社会事業授産施設
開設年月日 昭和23年6月1日
職員数 6名(場長1名・作業指導員5名)

所在地及び

連絡先

〒857-0803 長崎県佐世保市勝富町2番17号
TEL:0956-22-6348/FAX:0956-22-6393

 

事業内容及び対象者

利用者定員 20名
作業内容
縫製部:婦人服・紳士服・各種作業着の補正(直し)等縫製全般
軽作業部:紙箱の組立て・割りばし等の袋入れ・シール貼り・海産物の箱詰めなどの軽作業
作業時間 月曜日から金曜日の9時~16時
休憩時間 12時~13時、午前と午後の作業時間中に各10分間
休  日

毎週土曜日・日曜日・祝日

盆休み(8月14日~8月16日)

年末年始(12月29日~1月5日)

利用対象者
  1. 生活保護を受けている世帯の人
  2. 身体障害者手帳を持っている人
  3. 療育手帳を持っている人
  4. 保健福祉手帳を持っている人
  5. その他世帯の所得が低い世帯の人
その他

施設の利用を希望される人は、勝富授産場にお気軽にご相談ください。

 

勝富授産場の沿革

勝富授産場は、戦後の混乱期における生活困窮者や戦争未亡人の救済を目的に設立された佐世保市民生事業会によって、昭和23年6月1日に開設されました。

その後、昭和33年11月12日に佐世保市社会福祉協議会が民生事業会を吸収合併することになり、事業を引き継いで現在に至っています。

当初の利用者定員は50名でしたが、利用者の減少にともない、昭和55年4月に30名に、さらに平成21年4月には20名に変更し、運営しています。


縫製部におきましては、ズボンの裾上げなど衣類のお直しを行っており、多くの一般市民の皆様からご注文を承っています。どうぞお気軽にご利用ください。

紹介チラシ チラシ 利用者募集チラシ